HOME > モーターと電池の関係性

モーターと電池の関係性

  • モーターと電池の関係性
  • モーターと電池の関係性
  • モーターと電池の関係性
P-51MUSTANG1700mm を例えに、 ムスタング パフォーマンスを見てみましょう!!
モーターについて
モーターについて P-51ムスタング使用モーター 50-60 KV300 50はモーターの直径60はモーターの長さ (軸を除いた長さ) 1分間の1ボルト 当たりの回転数

このモーターはさて、どのようなSPECでしょうか?
50-60KV300と表示されています。
またモーター重量は497g
これどういう意味?と思いませんか?

例えば、P-51 ムスタングのSPECには22.2Vで4000mAhまでの電池を使用と書いてあります。ここ でちょっと計算してみましょう。
KV300 X1ボルトX22.2V=6,660回転/1分となり、自重497gこの回転数で最高のパフォーマンスが出るように設定されたのでしょう。

電池について
モーターについて

この電池を1700㎜P51に使うと、さて、どうでしょ
うか?この電池は4,200mAh、6S,22.2V35C
いてありますが、このSPECは?どの様な意味?

6Sは6個のCellが入っていて、
1Cellが3.7Vでできていますから
3.7V X 6Cell=22.2V

4.2A X 35C=147Aの電流を最大流せる
実力があると言うことです。
実際はこの80%程度の117.6Aとなるようです。

これを、P-51ムスタングのSPECに当てはめると22.2V で4,000mAh,25Cまでの電池を使用、スピードコントローラー(ESC)85Aと書いてあります。ここでちょっと計算してみましょう。
4,000mAh/1,000 X 25C=100A X 80%=80A瞬間最大パワーとして出すパフォーマンスが出るように設定されていますので、85AのESCでスピードコントロールできます。

電池について

スピードコントローラーは
85Aまでの電流をコントロール

飛行機のパフォーマンス

では、ここで飛行機のパフォーマンスとは!

機体重量の100gあたりに必要なワット数でみてみましょう。

10W-15W やっと飛ぶ
15W-20W 練習機程度
20W-25W アクロ飛行を可能にする
25W-30W 戦闘機やスピード機
30W-35W アクロバット機やダクテッドファン機
35W以上 ハイパワー機、ハイパフォーマンスダクテッドファン機

モーターの大きさ:機体重量の10%程度

ではこのP-40ムスタングは機体重量が4,050g、4,000mAh22.2Vの電池、85AESC、50-60:
300kvモーター(497g)を1,700㎜P51 に使うと、さて、どのようなパフォーマンスモデルになるでしょうか?

22.2V x 85A x 80 % = 1,510W
1,510W / 746W(1馬力) = 2馬力(最高出力)
100gあたりのワット数 = 46.6W
モーター重量 (497g) / ムスタング重量(4,050g) x 100 = モーターの重量率12.3%

P-51 ムスタングのパフォーマンスは:
100gあたり46.6Wですからハイパワー機ですね!
馬力も2馬力ありますから原付バイク並といえます。
モーターは重量の10%を超えています。
計算上ではかなりのハイパフォーマンスが期待できますね!!

オンラインショップはこちら